神戸女子大学

Course


食物栄養学専攻

専攻概要

私たちの命、健康、くらし、人生にとって、「食」の重要性はいうまでもありません。「食」は、命と健康の土台であり、くらしの根幹であり、人生、そして文化そのものです。食物栄養学専攻は、この「食」を、特に「健康」の観点から捕らえていく場であり、さまざまな分野の研究者がここに集い、日々弛まぬ研究生活の中で、「食」と「健康」のエキスパートたちを育成しています。

食物栄養学専攻には、食品化学、食品加工学、調理学、基礎栄養学といった「食」が私たちの口に入る前の段階から、生理学、臨床栄養学、臨床医学といった「食」が口に入った後の「健康」に至る一連の様々な分野、さらには、生化学、分子生物学、微生物学、食品衛生学、予防医学といった、「食」と「健康」の基礎および応用分野の専門家たちが一堂に会しています。また、それぞれの研究が互いに融合し、反応し合い、飛躍的に発展する、他学部では決して真似のできない研究活動が行われています。当専攻の大学院学生たちは、まさにその場に身を置いて研究に参画し、日々の事柄を学んで、「食」と「健康」のエキスパートになっていくのです。

こうした経験は、そのまま大学で研究所や研究を続けても、修士・博士号をもった管理栄養士として社会に羽ばたいても、必ずや大きな武器となります。貴女も、そうした毎日のワクワクする研究活動を通じて、この大きな武器を手に入れてみませんか。

ページトップ

研究環境・カリキュラム

教員陣

12名の専任教員によって構成されています。専任教員はそれぞれの専門の授業を行うほか、所属する大学院学生一人ひとりの教育と指導にあたります。

カリキュラム

前期課程の授業は「特論」と「演習」から構成され、すべて専任教員が担当します。「特論」は専任教員が学問を体系的に教授します。「演習」では、国内外の研究論文を輪読し、解説を加え、討論しながら、大学院学生がこれから研究を進めるうえで必要な研究方法、技術、考え方を身につけます。後期課程においては、博士論文作成を目標とした演習・実験研究調査を中心に教育と指導を行います。


博士前期課程 教育課程の概要
授業科目 担当教員
食品化学特論 教授 田中 紀子
食品分析学特論 准教授 木村 万里子
食品加工学特論
調理科学特論 教授 後藤 昌弘
食品衛生学特論 教授 栗原 伸公
食品微生物学特論 教授 山本 勇
教授 堀田 久子
栄養学特論 教授 田中 紀子
栄養化学特論 教授 狩野 百合子
生化学特論Ⅰ 准教授 田村 奈緒子
生化学特論Ⅱ 教授 小倉 嘉夫
生物化学特論
生物統計学特論 教授 栗原 伸公
栄養生理学特論Ⅰ
栄養生理学特論Ⅱ
臨床栄養学特論Ⅰ 教授 竹中 優
臨床栄養学特論Ⅱ
臨床栄養管理学特論
病態栄養学特論 教授 置村 康彦
食品化学演習a・b 教授 田中 紀子
食品分析学演習a・b 准教授 木村 万里子
食品加工学演習a・b
調理科学演習a・b 教授 後藤 昌弘
食品衛生学演習a・b 教授 栗原 伸公
食品微生物学演習a・b 教授 山本 勇
教諭 堀田 久子
栄養学演習a・b 教授 田中 紀子
栄養化学演習a・b 教授 狩野 百合子
生化学演習Ⅰa・b 准教授 田村 奈緒子
生化学演習Ⅱa・b 教授 小倉 嘉夫
生物化学演習a・b
栄養生理学演習Ⅰa・b
栄養生理学演習Ⅱa・b
臨床栄養学演習Ⅰa・b 教授 竹中 優
臨床栄養学演習Ⅱa・b
臨床栄養管理学演習a・b
病態栄養学演習a・b 教授 置村 康彦
家政学研究特別講義a・b 全担当教員及び外部講師
特別研究 各担当教員

博士後期課程 研究指導の概要
研究指導の分野 担当教員
食品化学 教授 田中 紀子
食品分析学 准教授 木村 万里子
食品加工学
調理科学 教授 後藤 昌弘
食品衛生学 教授 栗原 伸公
食品微生物学 教授 山本 勇
教授 堀田 久子
栄養学 教授 田中 紀子
栄養化学 教授 狩野 百合子
生化学 准教授 田村 奈緒子
生物化学
栄養生理学
臨床栄養学 教授 竹中 優
病態栄養学 教授 置村 康彦

※a=前期開講科目 b=後期開講科目
2018年度の各課程の概要について表示しています。
なお、2019年度については担当教員を含め一部変更の可能性があります。

2018年度シラバス
家政学研究科[PDF:7.72MB]
研究室の特徴

博士前期・後期課程は、共に3名の複数指導教員によって指導する体制をとっています。通常の研究が行われる各専任教員の研究室のほか、中央機器室や共同実験室、実験動物施設など、研究や実験のための施設・設備が充実しています。専門領域を越えての研究室・研究者間の交流が盛んで、大学院学生が研究成果をあげる基盤となっています。オンライン情報検索によって、学外の図書館や英国・大英図書館にある学術雑誌、文献を調べることができます。また、関連専門分野の学会に入会し、研究成果を機関誌や国際的な雑誌に投稿したり、発表することを奨励しています。

進路

食物栄養学の分野で活躍できる有能な研究者及び専門技術者を目指します。また、すでに教員免許状(栄養教諭1種)を所有している者は、前期課程在学中に所定の単位を修得すれば専修免許状を取得することができます。

ページトップ

教員・研究室紹介

教授 置村 康彦
病態栄養学研究室

栄養素は細胞間の情報伝達を担う分子ではないかという観点から、これらの作用、および、変調による病態形成について研究している。また、ホルモンやサイトカインなど他の情報伝達物質との相互作用について検討している。

教授 小倉 嘉夫
代謝学研究室

コレステロールおよび胆汁酸代謝に関する研究を行っている。胆汁酸は脂質吸収やコレステロール代謝を制御する物質として生体内で重要な役目を果たしている。近年では核内レセプターのリガンドやエネルギー代謝にも関わり、新しい展開が見られている。当研究室では胆汁酸代謝を制御する腸内細菌を利用して大腸癌予防に寄与するプロバイオティクスの開発を試みている。また、生活習慣病に関与するコレステロールおよび胆汁酸代謝についても研究を行う。

教授 狩野 百合子
栄養化学研究室

「食品中の非栄養素の生体への新しい生理的機能の解明とその解析」をテーマに、特に香辛料の中で、ガーリックに注目し、ラットにガーリックを投与したときの脂質代謝及び蛋白代謝への影響について研究を行っている。また、一価不飽和脂肪酸を多く含み、クロロフィルやポリフェノールなどの微量成分を多く含むエキストラバージンオリーブ油について、体熱産生及びステロイド代謝への影響について研究している。

教授 栗原 伸公
食品衛生学研究室

あらゆる物質はおもにその量により、生体に対して有害にもなれば有益にもなる。金属も例外ではなく、有害重金属の多くは、必須微量元素でもある。それらの金属類の生体に対する毒性と生体での役割、さらにはその機序について、疫学的研究、および、生理学、組織学、分子生物学的手法を用いた実験的研究の両面から、多角的に分析する。

教授 後藤 昌弘
調理科学研究室
  1. 真空調理法やクックチルシステムの利用とそれに伴って生じる諸問題の原因解明とその防止法の検討。
  2. ショウガの辛みの品種や産地によるちがいを数値として示す方法の検討
  3. 野菜・果物の持つおいしさの要因解析とおいしさの具体的な表現方法の検討
  4. 地域特産野菜の調理性とその有効利用について。
教授 竹中 優
臨床栄養学研究室

食と疾患の関係について分子生物学的手法を用い検討する。種々の栄養素が細胞機能にはたす役割を遺伝子の発現とその機能解析という観点から解明を試みている。また、栄養素の抗老化作用の検討を行っている。

教授 田中 紀子
栄養学研究室

生体エネルギー代謝に大きな影響を及ぼす骨格筋について、筋繊維レベルでエネルギー代謝との関係、肥満、糖尿病発症・改善について研究している。また、季節変化や食生活・生活習慣に起因するエネルギー代謝変動を調べるために、調査・研究を行い、肥満や、やせの効果的な改善方法を検討している。

教授 堀田 久子
栄養微生物学研究室

腸内細菌は、宿主の健康・疾病と密接に関係しているが、なかでもビフィズス菌が腸内に増加すると脂質代謝が改善されたり、腐敗産物が低下し腸内が浄化される。当研究室では柑橘類搾汁残渣の熱水抽出物のビフィズス菌増加作用と脂質代謝改善作用を調べている。

教授 山本 勇
食品微生物学研究室

ビフィズス菌はヒトの健康に大切な役割を果たしており、ビフィズス菌の性質を遺伝子科学的に理解することによってより有効な利用が可能になると期待される。

ビフィズス菌が腸内で優勢に保持される分子機構や様々な増殖環境への応答とその遺伝情報転写制御系の解明を進めるとともに、食品製造などにビフィズス菌を利用するための遺伝子科学的方法の開発を研究する。

准教授 木村 万里子
食品分析学研究室
  1. 未利用・低利用資源に含まれる生理活性成分の探索
    雑豆や海藻類は、日本の伝統的食材であるとともに栄養価値の高い食材であるが、その利用は年々減少している。それらに含まれる生理活性成分(オリゴ糖、ペプチド、配糖体)の構造と機能を生化学的、分子生物学手法を用いて研究している。
  2. 豆類・海藻類の需要促進のための応用研究
    日本および世界の食用豆類・海藻類を利用した新たな機能性食品の開発や料理の創作を目指した研究を行なっている。
准教授 田村 奈緒子
生化学研究室

Ⅰ型アレルギー疾患(喘息やアトピー)は、花粉などの抗原が体内の抗体IgEと結合し、それがさらにマスト細胞と反応して起こる。その時、マスト細胞は活性化されて、「脱顆粒」つまり、ヒスタミンなどを放出し、多種のサイトカイン(IL-1、IL-6、ケモカイン、TNF-α)を産出分泌する。当研究室では現在3種類の食材についてマスト細胞の脱顆粒を抑制する効果があることを明らかにしている。その抑制メカニズムおよび、有効成分の性質について研究を進めている。有効成分の構造解析後、有効成分合成反応についても明らかにしたい。

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001