神戸女子大学

Course


健康栄養学専攻

専攻概要

近年、世界ならびに日本が直面している少子高齢化対策のひとつとして、健康寿命を延ばすことが直近の重要な課題となっています。平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味しており、平均寿命が延びる以上に健康寿命を延ばす(不健康な状態になる時点を遅らせる)ことが、個人生活の質(QOL)の低下を防ぐ観点や、社会的負担・医療費軽減の観点から重要となっています。

健康寿命を延ばすためには食生活を中心とする生活習慣の改善、生活環境の改善、健康教育による健康増進策の提案などの「疾病の一次予防」に重点をおいた取り組みが必須となりますが、健康栄養学研究科健康栄養学専攻では、人間栄養学の理論と実践を基盤として、運動・食生活・福祉の分野に連関させて総合的な健康へのアプローチができる、あるいはそのために必要な科学的知見を生み出すことのできる高度な知識と経験を習得し、これらにおいて総合的にサポートできる人材の養成を目指しています。

ページトップ

研究環境・カリキュラム

教員陣

「食」を中心とした「運動・食生活・福祉」の連関は、健康に生活するための極めて重要な要素ですが、博士の学位を取得している10名の教員や、それらの分野で専門的な資格を有する教員(医師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、中学校・高等学校教諭免許(家庭)、中学校・高等学校教諭免許(保健体育))が指導を行います。また、「スポーツ基本法」においては、障がい者に対して障がいの種類及び程度に応じて必要な配慮をしつつ推進すること、とされていますが、当専攻ではスポーツ栄養アドバイザー、福祉レクリエーション・ワーカー、中級障がい者スポーツ指導員、社会福祉士の資格を有する教員も所属しています。上記のような資格を有した専門家である教員が協力し、健康に対して多角的かつ包括的なアプローチができる体制を構築しています。

カリキュラム

健康栄養学という分野は、人の生活に直結する分野であり、座学での学びはもちろん、現場で使える理論と実践が求められます。当専攻の講義は、理論に基づく「特論」、実践に基づく「演習」と「フィールドワーク」から構成されており、各教員が「食・食生活・福祉・運動」の関連分野を融合させ、健康について体系的な教育を行います。修士論文は、各研究室で行う実験を中心に、フィールドワークにおける研修から得られる知見も併せて、作成に取り組みます。また、病院や福祉施設の栄養部などと連携し、現場での実践的な研究・教育を受けることも可能となるカリキュラムを構成しています。

基礎の研鑽と臨床の橋渡し研究、および各種現場を意識した人間栄養学を基本に据えた研究を各研究室の教員と共同で実施することにより、健康栄養学の能力を養う修士課程のカリキュラムとなっています。


修士課程 教育課程の概要
授業科目 担当教員
健康栄養学概論 教授 奥野 直
教授 木村 大輔
教授 佐藤 勝昌
教授 鈴木 一永
教授 吉川 豊
教授 小笠原 慶彰(兼担)
栄養生理学・疫学特論 教授 木村 大輔
食品機能・加工学特論 准教授 糸井 亜弥
分子栄養学特論 教授 吉川 豊
食品学特論 准教授 赤桐 里美(兼任)
健康科学特論 教授 奥野 直
給食経営管理特論 准教授 佐藤 誓子
社会福祉特論 教授 泉 妙子(兼担)
教授 植戸 貴子(兼担)
教授 小笠原 慶彰(兼担)
教授 津田 理恵子(兼担)
准教授 下司 実奈(兼担)
准教授 曽田 里美(兼担)
栄養衛生学特論 教授 佐藤 勝昌
国際栄養学特論 准教授 松本 衣代
食生活特論 准教授 佐藤 誓子
スポーツ栄養学特論 准教授 糸井 亜弥
准教授 坂元 美子(兼担)
予防栄養学・医学特論 教授 鈴木 一永
臨床栄養学・医学特論 教授 鈴木 一永
食品・臨床分析学演習 教授 吉川 豊
運動・機能生理学フィールドワーク 教授 奥野 直
准教授 重福 京子
准教授 木村 あい
臨床栄養管理学フィールドワーク 教授 鈴木 一永
国際栄養フィールドワーク 准教授 松本 衣代
健康栄養学特別総合研究 各担当教員

※2018年度入学生の健康栄養学専攻の教育課程を表示しています。

研究室の特徴

本研究科には、原子吸光光度計、高速液体クロマトグラフィー、吸光・蛍光・発光プレートリーダー、微小循環モデル装置(MC-FAN)、体組成計、エアロバイク、高気圧酸素カプセルなど最先端の化学分析機器、運動評価機器が揃っており、最新の調理設備や動物実験施設等の人や動物を対象とした研究を教授できる体制が整っています。これらの研究においては、主指導教員のほかに、複数の教員から指導を受けられる体制を取っており、研究成果を学会機関誌や国際的な雑誌への投稿や、国内外の学会での発表を推奨しています。情報処理室の設備も整っているのでオンラインの情報検索により、国内外の学術雑誌、文献等を調べることも可能であり、能力を十二分に伸ばせる環境を整えていることが特徴です。

進路

健康増進施設や老人福祉施設などの栄養に関わる管理指導者、大学・企業・研究所における教育・研究者等を目指します。

ページトップ

教員・研究室紹介

教授 奥野 直
運動生理学研究室

中心研究テーマとして、水分代謝と運動能との関連について、これまで生体のhomeostasisの調節にはhierarchyが存在することを指摘し、運動能への影響においては体液の調節が最も精度が高いことを証明してきた。体液が生体に及ぼす影響を研究することを目的に、特に、日常の栄養摂取が及ぼす体液量の増加が最大酸素摂取量などの体力要素や他の運動能力に与える影響や熱中症対策としての脱水予防について、その効果的な方法と生理的メカニズムの解明に取り組む。

教授 木村 大輔
基礎栄養学研究室

免疫は生体調節・防御作用を担う生体恒常性にとって必要不可欠なシステムである。しかしながらその働きは、感染症、環境、ストレス、および食生活により影響を受け、上手く機能できなくなることがある。なかでも、免疫細胞の70%近くが腸に局在していることから、食材による腸内環境変化が免疫機能を調節し、様々な疾患と関連することが近年注目されている。食材と免疫の相互関係を実験的に解析し、疾病予防に関わる新たな機構を探求する。

教授 佐藤 勝昌
栄養衛生学研究室

健康について、栄養学的及び衛生学的な観点から、主として食とかかわる内容を研究する。栄養学的観点からは、特定の食物除去が必要な食物アレルギー児や高齢者、痩身傾向にある若年女性の健康問題を対象者の所属する施設での実地調査や対象者への質問紙調査などの疫学的手法で検討する。衛生学的観点からは、食を提供する施設の食中毒予防法の適切性や環境中の細菌による健康への影響を疫学的及び実験的手法で検討する。

教授 鈴木 一永
臨床医学・予防医学研究室

健康維持・増進および糖尿病を中心とした生活習慣病予防・治療のための食生活改善への取り組み、あるいは主として若年アスリートの抱える食生活の問題に関する分析とそれらの改善のための方法の確立を目指している。人間栄養学・臨床医学の立場から、「人生を楽しむための食生活」をリードする人材の育成を行う。

教授 吉川 豊
食品機能分析学研究室

これからの栄養・運動・福祉の各分野において必要不可欠な先端分析を学び、in vitroやin vivo実験により食品成分、サプリメント成分、新規化合物が生体に及ぼす影響を研究する。特に、ミネラル成分に着目し、その新規生理作用の発見、また、その生理作用が現われるメカニズムの解明に取り組む。具体的には、生活習慣病の予防や治療を目指した新規ミネラル含有成分の探索研究、運動や疾病と体内のミネラルレベルの変動の網羅的解析を行う。

准教授 糸井 亜弥
応用健康科学研究室

健康の維持・増進には、適度な運動(身体活動)と栄養バランスの良い食事を継続することが重要である。当研究室では、健康づくりならびに生活習慣病予防を目的に、年齢・地域が異なる様々なヒトを対象に、身体組成・身体活動・生活活動時間・栄養素摂取量を主としたフィールド調査を実施し、得られたデータに対してエビデンスに基づいて考察し、研究内容を学会等で発表するなどの活動を行う。また、身体組成・生活活動・食事の関連を検討した学術論文の抄読を行い、ディスカッションをして理解を深める。

准教授 佐藤 誓子
給食・栄養管理学研究室

人は乳児期から高齢期に至るまで様々な場所で給食を摂っている。給食は単に空腹を満たすのみならず、健康の増進や栄養の改善にも大きく寄与している。このような給食について、主として食事・栄養管理を必要とする対象者への対応方法を研究する。特に、保育所や学校、高齢者福祉施設での対応状況を実地調査したり、これら施設の食に関して生じている課題を解決するための方策を検討したりすることにより、施設の問題点や対象者の食生活の改善を図る。

准教授 松本 衣代
国際栄養学研究室

コメディカルの現場で必要とされる実践力の修得を目的とし、高い実践能力が必要とされるフィールドワークに必要な技法の全て、すなわち、フィールドの選定、質的データの取り扱い、量的データの取り扱い、調査の計画、交渉、立案、実施、成果の分析、成果のフィールドへの還元方法までを視野に入れた一貫した指導を行う。とりまとめた成果について討議を行い、報告書を作成する。

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001